So-net無料ブログ作成
検索選択

飽きのこない遊び [育児雑感]

ちょっと前まで、寝ても醒めてもポケモン一色だったコウタですが、最近では興味が薄れたようです。戦隊モノや仮面ライダーのTVは見ていますが、玩具を欲しがったり、ヒーローになりきることもなくなりました。
ちょっと寂しいような。

そんななか、飽きずに楽しんでいるものの1つめはLEGO。
キャッスル、バイオニクル、クリエーターといったシリーズが好きで、けっこう大きなものも一人で作れるようになりました。
設計図通りに作るよりも、自分が好きなように作る方を楽しんでいるように見受けられます。

戦闘系の乗り物は好きなジャンル。
LEGO1.JPG

可動に拘った生き物(怪獣?)も好き。
LEGO2.JPG


飽きずに楽しんでいるものの2つめはお絵かき。
ストーリーのある連作(漫画みたいなもの)が最近の傾向です。

正義と悪の戦いが勃発。
絵3.JPG

「ブラックは裏切り者だ!」そうです。
絵2.JPG

全てを解決、火の鳥登場!
絵1.JPG

熱心に描いているわりに、あまり上達はしていないようです。
ピカソが8歳の時に描いた闘牛士の絵を見るに、あと2年でそこまで達する気配は微塵も感じさせません。あまり多くを期待していませんし、楽しんで描いてくれればそれで良いのですが。
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 4

コメント 6

momomo

飽きのこない遊び…難しいですね。
でも、飽きるということは、成長している証でもあるのかなと思います。
最近のレゴは複雑ですが、その分長く遊べるのかもしれませんね。
ダイヤブロックでそろえてしまった我が家は悔しくてレゴに手を出せません(^^;)
その点、絵画は奥が深く続けられるように思います。絵心は別として(笑)
by momomo (2008-03-04 10:24) 

てんちん

自分の頭の中で想像したものを絵として書き出すのですから、他人(親)から見て上手いか下手かは判断できません。何かを見ながら書く絵とは違いますから。
想像力が豊かなお子さんで素敵だと思います^^
by てんちん (2008-03-04 12:47) 

Shun

>momomosさん
「飽きるということは、成長している証」かもしれませんね。そう思えば、使われなくなった仮面ライダーカブトや電王のベルトなども、諦めがつくというものです。
わが家ではTVゲームなど与えていませんが、さっさと飽きてくれるなら与えてもいいように思うものの、近時の子ども(大人も?)を見ていると、「これは飽きのかない遊びかも」と思ったり。

>てんちんさん
確かに写実を目指しているわけではないので、上手/下手はなんともいえませんね。意識せぬままに、常識的な絵(ちゃんと人体としてのバランスやあるべきパーツが描かれているみたいな絵)を求めていたように思います。
もっとも、何を描こうと、熱中している姿を見るのは、ボクとしても楽しくはあります。でも、ストーリーがある昨今、やたらと語りたがるのには少し閉口ですが。
by Shun (2008-03-04 23:37) 

クリン

ただ絵を書くだけでなく、話を作って絵が書けるなんて素晴らしいですね。

我が家の子供は、小さい頃から、あまりTVを見ないので、未だに仮面ライダー、ウルトラマンの区別がつきません・・・。

by クリン (2008-03-05 23:07) 

あじゃあじゃ

我が家も「LEGO」です♪コウタ君の作品、質が高いですね~見事なものです!
by あじゃあじゃ (2008-03-06 11:09) 

Shun

>クリンさん
ストーリーもいいけど、もう少し丁寧に書いてくれたら・・・と思わないわけでもありません。やたらと画用紙の消費量がかさみますし。
かまってやる手間も省けるということもあり、(見過ぎないように気にはするものの)ついTVを見せてしまいますが、TVなしで休日をフルにかまってあげるクリンさんはすごいと思います。

>あじゃあじゃさん
LEGOは定番ですよね。誕生日やらクリスマスで大物を購入して、わが家はかなりつぎ込んでしまっています。
子どもにとっての数ヶ月は大きく、日々同じのようでいて、冷静に見るといろいろなことで進歩がありますね。だからこそ、ブログで記録しておこうかと思う次第です。
by Shun (2008-03-10 23:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。